• 20191222_161005
  • 20191203_091221
  • 20191203_091413
  • 20191203_091427
  • 20191203_091442
  • 20191129_075714
  • 20191119_073611
  • 20190928_090317
  • 20190928_092109
  • 20190928_092400

« 焼き芋 | トップページ | 音楽会 »

2013年10月24日 (木)

火消し壺

さてさて、わが家にはおそらく昔からずーっと使われているものが、いろいろとあります。本人(現物)はごく当たり前のような顔をして無造作にそこにありますが、きっとずいぶんと古いものでしょう。古いものずきの私は興味をそそられますが、「昔からある、使っている」という以上のわが家での来歴はたいていわかりません。まあ、もともとはどの家にもあるごくありふれたもので、ずっと使っている人にとっては珍しくもなんともないのでしょうが。

そんな物の1つが、これ。火消し壺です。ひとつ前の記事で書いた焼き芋の後片付けにも登場。ふだんから、お風呂の焚口の炭の後始末などで使われています。現役です。

Ts3a1367
金属製。おき火をこの中に入れてふたをすると、空気が絶たれて消えるというもの。

ふたをしたところ。

Ts3a1370

この丸みといい、ふたや側面に描かれている模様(松竹梅?)といい、なんともいい味が出ています。

ふた。よく見えませんが右から左の向きで「消火来宝」と書いてあるのかな?その下にある「大」は壺のサイズかな?

Ts3a1371

« 焼き芋 | トップページ | 音楽会 »

モノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火消し壺:

« 焼き芋 | トップページ | 音楽会 »