• 20191222_161005
  • 20191203_091221
  • 20191203_091413
  • 20191203_091427
  • 20191203_091442
  • 20191129_075714
  • 20191119_073611
  • 20190928_090317
  • 20190928_092109
  • 20190928_092400

« あじさい | トップページ | 迷いカメ »

2018年7月23日 (月)

今年はガ〇ダム

恒例、カッタカタまつり。連日の猛暑の中、無事終了しました。

上の息子が小学校入学以来、地域の子ども会メンバーとして毎年参加してきました。迷子や危険防止のため、保護者同伴がほぼ義務づけられているので、私も同じ回数だけ参加してきたことになります。

そんな息子も6年生。子ども会メンバーとしては最後の参加。中学生以上は大人メンバーとして町の連に加わるか、仲間であらたにチームを組むかしないと踊りへの参加はなしとなります。

付き合ってきた私も感慨深い。とはいえ、まだ下の子がいるので、あと4回はあるんだなあ。なかなかハードです。

さて、カッタカタまつりといえば、まちのおじさんたちが力を入れているのが、オリジナルの山車デコレーション。例年、わが町はクオリティの高さを誇っております。去年の「ネコバス」は記憶に新しいところ。

そして今年は・・・

Kc4d0688_480x640

大地に立ちました。ハ〇もいっしょ。こちらには6年生たちが、願い事を寄せ書き。

しかし、今年のデザインはどちらかといえば制作にあたったおじさんたちの趣味。子どもたちは(この初代はとくに)よく知らないので「???」という受け止め。割と知っているうちの息子でさえ、「なんで今年コレなんだろうねえ。オレだったら、市にちなんで桜と龍とかにするのに・・・」と、どちらがおじさんなんだと言いたくなるような発言をしていました。(ことし、ファースト〇ンダムの40周年ということですよね)

出発前の6年生男子。

Kc4d0689_480x640

仲良く並んで道端に腰かけて、腹ごしらえをしていました。

そして会場に到着。おばさまたちも記念撮影。

Kc4d0690_480x640
子どもたちの反応はいまひとつだったものの、そばを通る一定の年齢以上の人たちと、外国人(在住者、観光客)の目はかなり引いていたようで、みなさんスマホで写真に収めていらっしゃいました。

まつりの途中休憩時間の情景。道端の空間(人様の敷地?駐車場?)の花壇の段差に並んで腰かける6年生男子たち。この写真の直前まで、右端にもう一人、全部で5人が並んで座っていました。

Kc4d0691_640x480

1、2年生の頃、こんな休憩時間には寸暇を惜しんで鬼ごっこをしていた彼らも、こうやって腰を掛けて休むようになったか、お兄さんになったね~と思っていたら・・・

さらに数人が集まってくると、この後立ち上がり、飲んでいたジュースの空きパックをボール代わりに、この小さな広場でドッジボールを始めましたとさ。


« あじさい | トップページ | 迷いカメ »

こども」カテゴリの記事

季節のくらし」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

コメント

なぜハ◯が蛍光グリーン…(私も「一定以上の年齢」の一人なので、反応してみました)

>ねえさん

手持ちの塗料の関係か、あるいは、周囲が暗くなると「ねぷた」のように中の電球を点灯するので、その効果を狙ったのでしょうか。

山車の製作メンバーも近年世代交代がすすんでいるようで、モチーフの選び方もだいぶ変わってきています。

それにしても、クオリティの高さはいいのだけれど、近年なにかと厳しくなっている著作権の関係は大丈夫なんですかねー

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年はガ〇ダム:

« あじさい | トップページ | 迷いカメ »