• 20191222_161005
  • 20191203_091221
  • 20191203_091413
  • 20191203_091427
  • 20191203_091442
  • 20191129_075714
  • 20191119_073611
  • 20190928_090317
  • 20190928_092109
  • 20190928_092400

2014年10月29日 (水)

干し柿

保育園にいったら、それぞれの部屋の前、ウッドデッキのところに、下がってました。

Pap_0119_640x480
できあがったら、みんなで食べるのだそうです。いいねー。

2014年6月29日 (日)

あんず

最近、この類の話題ばかりのような気もしますが…ほんの少し前の話題です。

あんずの季節です。学校行事の代休で家にいた上の息子と夫が、家から少し離れたところにある畑のあんずを収穫してきました。

Ts3a1758
このかごにまずはふた山。この後も大量の収穫が予定されています。品種の違うもう一本からも、もう少し遅れた時期にさらに大粒のものの収穫が見込まれます。

いつもならここでまずジャム作りとなるのですが、後の大粒のほうを今年はジャムにまわし、こちらの小粒のほうをシロップ漬けにしてみることにしました。

で、作業。

で、できあがり。工程は、前に書いたことがあるので省略。

Ts3a1760
今回は種を除いて3キロ用意。大瓶2つと中瓶2つにおしこめました。それでも入りきらずに余った分は、とりあえずタッパーに入れて冷蔵庫へ。つまみ食い用。加工しきれずに余った分は、おじいちゃんが市場へ出しに行きました。

この数日後、夫はさらにかご3杯分を収穫してきました。そこから2キロを選んで、また加工。大瓶3つになりました。

まもなくやってくるジャム作りに、瓶やふたをそろえて備えておかねば。