• 20191222_161005
  • 20191203_091221
  • 20191203_091413
  • 20191203_091427
  • 20191203_091442
  • 20191129_075714
  • 20191119_073611
  • 20190928_090317
  • 20190928_092109
  • 20190928_092400

2018年11月18日 (日)

やきいも

焼きいもシーズンでもありますね。

うちでとれたさつまいもで、やきいもをすることになりました。

畑の空いたスペースに、柿の落ち葉などを集める。

1542520219480.jpg

反古紙などで火をつける。

1542520220372.jpg

合間に犬と遊ぶ。

1542520221163.jpg

すごい煙。さつまいもを投入。

1542520222007.jpg

できあがり。さつまいもは、ぬらした新聞紙でくるみ、それをアルミホイルで包んで火のなかに入れてました。

1542520222790.jpg

そして食べる。

1542520223607.jpg

下の息子は、さっそく近所の友だちの家におすそわけ。

ちゃんとその子の家族の人数分数えて持って行きました。律儀ですね。

2018年10月28日 (日)

音楽会、終了!

この季節の一大イベント、小学校の音楽会がおわりました。やれやれ。


1540699751724.jpg


会場の体育館にかかっている額。

1540699750337.jpg

今年は、上の息子にとっては最後の音楽会。6年生は合奏「木星」(ホルスト)と合唱「2億年ずつ23回」を演奏。

音程のある楽器が苦手なわが息子、今年もティンパニ担当です。ソロパートもあるので、よくやるなあと思います。本人によれば、一部うまくいかなかったのが心残りだそうですが、聴き手にはそんなことを感じさせない仕上がり。


去年は結局舞台に上がることのできなかった下の息子2年生も、今年は舞台(袖)から複数の楽器を使って効果音を担当しました。曲目は、歌と合奏のディズニー音楽メドレー。

私も、先日書いたとおり、PTAコーラスの一員として出演しました。今回は、なかなか難しい曲なのに、例年に比べて練習の回数が少なくて大変。

約60人の6年生の合唱。勢ぞろいすると壮観です。うしろの座席から撮ったので、みえにくいかな~?


1540699752457.jpg


太陽の年齢は、2億年で1歳と数えると、23歳なんだ、という、スケールの大きな本格合唱曲でした。

そしてそれをカメラにおさめようとする、6年生の保護者のみなさん。


1540699750955.jpg

学校の音楽会はこれで終了ですが、6年生は、地域の他の学校の6年生との「親善音楽会」、大人も「PTA音楽祭」というものが残っています。あと少し、練習が続きます。


2018年10月15日 (月)

ひさしぶりの子どもみこしわっしょい

秋晴れの日曜日、町の子どもみこしに息子2人と参加してきました。

いつもは体育の日の連休におこなわれるため、ここ何年かは家族での行楽と重なったりして、参加してなかったのですが、今年は上の子が6年生。はっぴを着る最後の機会。

というわけでひさしぶりの参加となりました。

朝はお宮に集合。


1539600998566.jpg

子どもたちは地区別に、2つのコースに分かれて町内をまわります。

私も、「ワッショイ」と声でかついできました。

2018年7月23日 (月)

今年はガ〇ダム

恒例、カッタカタまつり。連日の猛暑の中、無事終了しました。

上の息子が小学校入学以来、地域の子ども会メンバーとして毎年参加してきました。迷子や危険防止のため、保護者同伴がほぼ義務づけられているので、私も同じ回数だけ参加してきたことになります。

そんな息子も6年生。子ども会メンバーとしては最後の参加。中学生以上は大人メンバーとして町の連に加わるか、仲間であらたにチームを組むかしないと踊りへの参加はなしとなります。

付き合ってきた私も感慨深い。とはいえ、まだ下の子がいるので、あと4回はあるんだなあ。なかなかハードです。

さて、カッタカタまつりといえば、まちのおじさんたちが力を入れているのが、オリジナルの山車デコレーション。例年、わが町はクオリティの高さを誇っております。去年の「ネコバス」は記憶に新しいところ。

そして今年は・・・

Kc4d0688_480x640

大地に立ちました。ハ〇もいっしょ。こちらには6年生たちが、願い事を寄せ書き。

しかし、今年のデザインはどちらかといえば制作にあたったおじさんたちの趣味。子どもたちは(この初代はとくに)よく知らないので「???」という受け止め。割と知っているうちの息子でさえ、「なんで今年コレなんだろうねえ。オレだったら、市にちなんで桜と龍とかにするのに・・・」と、どちらがおじさんなんだと言いたくなるような発言をしていました。(ことし、ファースト〇ンダムの40周年ということですよね)

出発前の6年生男子。

Kc4d0689_480x640

仲良く並んで道端に腰かけて、腹ごしらえをしていました。

そして会場に到着。おばさまたちも記念撮影。

Kc4d0690_480x640
子どもたちの反応はいまひとつだったものの、そばを通る一定の年齢以上の人たちと、外国人(在住者、観光客)の目はかなり引いていたようで、みなさんスマホで写真に収めていらっしゃいました。

まつりの途中休憩時間の情景。道端の空間(人様の敷地?駐車場?)の花壇の段差に並んで腰かける6年生男子たち。この写真の直前まで、右端にもう一人、全部で5人が並んで座っていました。

Kc4d0691_640x480

1、2年生の頃、こんな休憩時間には寸暇を惜しんで鬼ごっこをしていた彼らも、こうやって腰を掛けて休むようになったか、お兄さんになったね~と思っていたら・・・

さらに数人が集まってくると、この後立ち上がり、飲んでいたジュースの空きパックをボール代わりに、この小さな広場でドッジボールを始めましたとさ。


2018年5月 3日 (木)

集会所

近ごろ、わが家は子どもたちの集会所と化しております。

上の息子(小6)の友だちが、デュエルマスターズとかいうカードゲームをやりに集合。

Kc4d0662_640x480

玄関はこんな感じ。この日よりも人数が多いこともちらほら。

6年生ともなると、玄関に脱いである靴の大きさにびっくりです。何人かは、声変わりもし始めています。

カードゲームをやらない子も、あとから合流したりしています。何をしにくるかって?

カードゲームが一段落すると、彼らは外に出て、わが家の外周で鬼ごっこをするのです。

2017年8月 8日 (火)

カッタカタまつり

夏休みがはじまると、バタバタしてなかなか更新できません。

そんなわけで少し遅くなりました。今年も行ってまいりました、恒例のカッタカタまつり、のおはなし。7月下旬のおはなしです。

これまで、はっぴを着てまつりにむかうおにいちゃんを見送り、おとーちゃんは出張で不在、家でおじいちゃんおばあちゃんとお留守番、せっかくなので回転ずしに連れて行ってもらうか、といった過ごし方をすることが多かった下の息子。ケーブルテレビで放送される生中継を見て、そこにおにーちゃんやおかあちゃんを見つけて喜ぶ、といった具合でした。

今年は下の息子も一年生。デビューです。子ども会であらかじめ配られたはっぴを身にまとい、いざ出発。

Img_4465_480x640


このまつり、いろんな単位で「踊り連」をつくって参加するので、学校によってはクラスで参加する6年生がいたり、職場の仲間と参加したり、エントリーのしかたはいろいろです。

わが町区は「町」単位で参加。小学生もそこに半ば自動的に子ども会で参加です。およそ100人余の小学生のうち、8割くらいは参加しているかな?数えていないですが。

というわけで公会堂前に集合。出発式をやって、婦人会&PTAの準備した軽食で腹ごしらえして出発です。

毎年、各踊り連にはそれぞれオリジナルの山車が同行します。わが町区は、山車製作に力を入れているようで、1カ月くらい前から準備が始まっていることは、このブログでも書きました。山車コンテストの入賞常連です。

さて、今年は!

Img_4469_640x480
力作、ネコバス。制作のおじさんたちも自信の出来栄えのようです。

中には座席もあって、乗れます。出発前に子どもたちも乗ってみました。

Img_4473_640x480
幸い、雨もふらず、最後まで参加できました。去年かーちゃんは役員でいろいろあってくたびれたので、今年は沿道から見守るのみ(でも子どもが参加するなら、保護者は同伴が原則)。

子どもたちの楽しみは、踊りというよりは、まあみんなで大騒ぎをすることと、踊りの合間に配られるジュース、飲み物、軽食(飲み放題、食べ放題)。

他の町区やグループの一員としてまつりに参加している友達を見つけたりすると、子どもたち、なぜか大盛り上がりするんですよね。

なお、この完成度の高いネコバスは、山車コンテストで「優秀賞」をいただきました。最優秀賞は別の町区のものに。そちらは、最近わが市で売り出し中の、「最後の藩主 堀直虎」(大河ドラマでおなじみの井伊直虎ではないので念のため)をモチーフにしたものでした。やっぱりね。




2017年6月21日 (水)

休日の遠征・戸倉宿キティパーク

子どもにとっては、うれしいけれどもタイクツな休日。

新たに情報を仕入れたおとーちゃんの提案で、千曲市にある「戸倉宿キティパーク」へ。

山の斜面にある、自然豊かな公園です。曇り空で訪れる人もまばら。桜がたくさん植わっており、春にはお花見の人でにぎわうそうです。

天狗の伝説のある場所で、なんでも日本一のサイズという巨大な天狗の像がシンボル。

Kc4d0543_480x640
山の斜面に設けられた公園で、とにかく勾配がきつい。長野市の「恐竜公園」よりもきついかも。私などは、息を切らし、運動不足の日常を悔やみながら登りました。

芝生はよく手を入れられていて、この勾配プラス芝生、にひらめいた子どもたち。

Kc4d0544_640x480
芝すべりができるじゃん!とお尻で滑り始めました。

「ねえかあちゃん!段ボールないの?」

そんなことになるとは思っていないので、もちろん用意しておりません。

カバンを探ると、何かのときのためにと入れてあったレジ袋がいくつか。

「それでいい!」

ズボンの中に芝が入り込んでチクチクするので、予備のビニール袋をお尻(ズボンとパンツの間)に挟み込み、よっしゃ!と

Kc4d0545_640x480
ひとしきり、芝すべり。

この公園、ウサギもたくさん飼っていて、触れ合うことができます。写真を撮るのを忘れた。

「子ウサギかわいいね~」と楽しんだり、地面の穴を見て、学校でウサギを飼った経験からウサギの習性についての息子の講釈を聞いたり。

ヤギも数頭。

Kc4d0546_480x640
ヤギの柵にはこんな注意書き。

Kc4d0547_640x480

野沢菜をヤギに与えてはいけません。

遊具もいくつか。ひととおり制覇しないと済まない子どもら。

Kc4d0549_480x640
ターザンロープ。Kc4d0552_640x480
ロング滑り台。子どもたち写ってるかな?Kc4d0553_640x480
下の子も小学生となり、けっこう同じようなレベルで遊べるようになってきました。

さて、ひとしきり遊んだあとは、千曲川対岸にある「荒砥城址」へ(おとーちゃんの希望)。

戦国時代のお城の跡だそうです。今は、善光寺の別院(立派)の建っている同じ山の上に位置します。

山の急な坂を上り、駐車場に車を停めて、また上り坂。

Kc4d0556_640x480
Kc4d0557_640x480

まだつかないの~と思っている足元にはこんな表示。

Kc4d0558_640x480
お察しください。

門!

Kc4d0560_480x640
櫓に上るとこんな感じ!

Kc4d0561_640x480

景色!

前日は快晴で、白馬のあたりの遠くの山々もよく見えたそうです。この日は曇りで遠くまでは見えませんでしたが、下界がよく見えます。とんびがのんびり飛んでいるのも見えました。当時ここにお城を築いた、防衛上の理由もわかる気がします。

Kc4d0559_640x480

Kc4d0562_640x480


Kc4d0563_480x640
解説によると、実はここ、20年ほど前に復元・整備されたのだそうです。「風林火山」「江」と大河ドラマ2作品のロケ地としても使われたとか。ポスターや俳優たちのサインが飾ってありました。

このように整備される前は、なんと高度経済成長期には、観覧車もある遊園地が作られていたそうです!

そしてその前は…

Kc4d0564_480x640
Kc4d0566_480x640
「国旗掲揚塔」が設けられていたのだそうです。先ほど上った坂道の途中にひっそり立っていました。「皇紀二千六百年」とあります。皇紀2600年はあちこちの記念物でしばしば目にします。よほど盛大に祝賀のイベントやモニュメントづくりが行われたであろうことがうかがえますねえ。

さらにそれ以前、ここがどうなっていたのか、は、パンフレットや場内の説明板ではわかりませんでした。

おそばを食べたり、ここの戸倉上山田温泉の日帰り温泉施設「白鳥園」で温泉に入ったりして、休日の遠征は終わり。久しぶりに少し体を動かして、心地よい疲れを持ち帰った休日となりました。

オワリ。











2017年5月30日 (火)

運動会

ついこの間(秋)に保育園の運動会があったと思ったら

もう小学校の運動会です。今年は、兄=白組、弟=赤組と兄弟が別れてしまいました。

今年は、お天気も良く、日差しは強めなものの、さわやかな風が吹いていて、熱中症の心配はあまりない運動会でした。

Kc4d0527
Kc4d0528
ついこの間、アニキが1年生で緊張の運動会だったと思ったのに、早いものです。

今年は5年生のおにいちゃんの出番(騎馬戦、組体操など)を、ちょっと尊敬?のまなざしで見ていた1年生でした。家族(観客)として見に来た去年は、途中で飽きていたのに、今年はクラスの友達と「あれ、オレのおにいちゃんなんだよ」などと話しながら、楽しそうに応援していました。

5,6年生合同の組体操。組体操自体は、まあ、なにかと議論の的になっている昨今ですが、世間で問題になっているような危険な大技もなく、無理のない構成になっていたように思います。今年は、組体操史上初(息子の話による)、ホイッスルの合図なしで、音楽を聴きながら自分たちでタイミングをはかるというやりかたがとられました。心や体勢の準備ができるよう、余裕を持った構成だったので、「ビシッと」「ピタッと」したのがお好みのむきには不評かもしれませんが、号令一下、子どもたちが技をキメるといった「全体主義的」なやりかたはいかがなものかと感じる私にとっては、ほほえましく感じられました。またその分、子どもたち自身の力を見て取ることができて、こういうゆるゆるした運動会はぜひ続いてほしいと思った次第です。


2017年5月24日 (水)

休日のきょうだい

とーちゃん用事で外出、おじーちゃんおばーちゃんは畑、の休日。

家で退屈していた子どもたち。アニキが、リサイクル回収を待っておいてあった段ボールを持ち出して、なにやら始めました。それを見て弟もみようみまねで作業。

そして家の中に登場した

Kc4d0519_640x480
段ボールハウス2つ。

写真ではわかりにくいですが、けっこう長さがあります。子どもの全身がすっぽり入り、中でしきられた「モノ収納スペース」も完備。

開閉式の窓?蓋?もあり、顔が出せます。

Kc4d0521_640x480
中に人が入って横たわり、天井の窓?蓋?を開けて中の人の顔をのぞくと、ちょっと縁起でもない場面を連想してしまいますが。

中に入ると暖かくてなかなか快適だそうです。

この中に電気スタンドを持ち込んでマンガを読んだりして、しばらく二人楽しんでいました。

気温も上がり、そろそろ友達とも水鉄砲で遊びたい季節。

以前買った100円ショップの水鉄砲はあっという間に壊れてしまったので、今年はもう少し作りがしっかりしていて、かつ、威力のある水鉄砲がほしいというリクエストに応えて、かーちゃん、ホームセンターで買ってあげましたよ。

さっそく二人で試し撃ち。

Kc4d0524_640x480

どこかに遊びに行かなくても、けっこうきょうだいで楽しんだ1日でした。

2017年5月 9日 (火)

駆け足で大型連休

ゴールデンウィークについてNHKは「大型連休」という用語を使います。

おひさしぶりです。

下の息子の卒園、入学などなどここに載せたいことは山ほどあったのですが、バタバタして後回しにしているうちに、気づけばもう5月。しばらく記事を更新していなかったので、読んでいる人もいないかもしれませんねえ。

このへんで、最近のできごとを大急ぎで紹介したいと思います。

卒園・入学あたりのことは、写真もほとんどないので割愛。写真とともにふりかえる大型連休。

まずは、久しぶりに登場したこいのぼり。

Kc4d0492_480x640

おじいちゃんとおばあちゃんは、おみその仕込み。写りたがりの人の後ろに写っているのが道具。

Kc4d0493_480x640Kc4d0494_480x640

千曲川の土手の桜を見物。暑いくらいの陽気。
Kc4d0496_640x480
・・・にほど近い小布施のオープンオアシス。お天気がいいので家族連れがたくさん。

Kc4d0500_640x480
ここは高速道路に隣接。徒歩ならPAにも立ち寄りができる。そこで見つけたこんな自動販売機。初めて見ました。

Kc4d0499_480x640
連休の終わりには、「新潟ディズニーランド」(ウソ。正式名称は妙高サンシャインランド)。

Kc4d0502_640x480

絶叫マシーンなどほとんどない、小ぢんまりとした遊園地です。それでも子どもたちは満足したようすでした。

Kc4d0503_640x480
動く乗り物で移動しながら、据え付けられているレーザー銃で赤い的を狙い当たると、動物が動くという「アドベンチャーサファリ」なるアトラクション。

Kc4d0507_640x480
レールの上を、自動車状の乗り物がしずしずと移動するのです。

Kc4d0510_640x480
手作り感満載。

Kc4d0511_640x480
今の時代、これは問題なのでは・・・と心配な感じも

Kc4d0509_640x480
このほか、お友達といっしょに庭でバーベキューをしたり、子ども劇場の地域公演で人形劇やピアノのコンサートを鑑賞したり、子どもと私で私の実家に行ったり、私がじんましんに倒れたり、子どもととーちゃんで近くの川で魚を取ってきたり、なかなか盛沢山でした。

あー疲れた。それではまた。
















より以前の記事一覧