• 20191222_161005
  • 20191203_091221
  • 20191203_091413
  • 20191203_091427
  • 20191203_091442
  • 20191129_075714
  • 20191119_073611
  • 20190928_090317
  • 20190928_092109
  • 20190928_092400

2018年10月28日 (日)

音楽会、終了!

この季節の一大イベント、小学校の音楽会がおわりました。やれやれ。


1540699751724.jpg


会場の体育館にかかっている額。

1540699750337.jpg

今年は、上の息子にとっては最後の音楽会。6年生は合奏「木星」(ホルスト)と合唱「2億年ずつ23回」を演奏。

音程のある楽器が苦手なわが息子、今年もティンパニ担当です。ソロパートもあるので、よくやるなあと思います。本人によれば、一部うまくいかなかったのが心残りだそうですが、聴き手にはそんなことを感じさせない仕上がり。


去年は結局舞台に上がることのできなかった下の息子2年生も、今年は舞台(袖)から複数の楽器を使って効果音を担当しました。曲目は、歌と合奏のディズニー音楽メドレー。

私も、先日書いたとおり、PTAコーラスの一員として出演しました。今回は、なかなか難しい曲なのに、例年に比べて練習の回数が少なくて大変。

約60人の6年生の合唱。勢ぞろいすると壮観です。うしろの座席から撮ったので、みえにくいかな~?


1540699752457.jpg


太陽の年齢は、2億年で1歳と数えると、23歳なんだ、という、スケールの大きな本格合唱曲でした。

そしてそれをカメラにおさめようとする、6年生の保護者のみなさん。


1540699750955.jpg

学校の音楽会はこれで終了ですが、6年生は、地域の他の学校の6年生との「親善音楽会」、大人も「PTA音楽祭」というものが残っています。あと少し、練習が続きます。


2018年9月24日 (月)

今年もPTA コーラス

ここ2年、連続で参加している「PTAコーラス」。今年も参加することにしました。

小学校の校内音楽会(10月下旬)と、11月上旬のPTA音楽祭(須坂・小布施・高山地区の小中学校PTA合同)に向け、いよいよ練習がはじまりました。

これまで、朝ドラのテーマ曲(365日のアレ)や某ケータイ会社のCMソングなどを歌いました。今年は「ゆず」の曲を歌います。聞き慣れていないので、まずは聞いて覚えないと。

第1回めの練習は音楽室集合で顔合わせと音とり。

1537774591947.jpg

そしてこれ。これまで毎年気になって、このブログにのせたいのせたいと思いつつ、携帯カメラの感度が悪くうまく撮影できませんでした。今年は機種を変えたので、ついに撮影成功。 小学校ならではの注意書ですね。

2018年9月10日 (月)

ふれあいの日&PTA懇親運動

毎年恒例の「ふれあいの日」。

子どもと家族が、いくつか設けられたコーナー(ワークショップのようなもの)のうち、事前に選んだ1つに一緒に参加する、というもの。

今年、上の息子はとーちゃんと「昔の遊び」、下の息子は私と「いすをつくろう」に参加。

それぞれ、市内のボランティアや登録団体から、講師として来てもらいます。

私たちは教室の1つに集まって、市内の建設関係の組合からの先生方(ひらたくいえば、大工さん?「もと」がつくのかな?のおじさまたち)の指導のもと、あらかじめ寸法を計って用意された部品セットをトンカチと釘で組み立てるという内容。お兄ちゃんも過去2回経験があります。

参加していたのは、学年もそれぞれ、家族もおとうさん、おかあさん、おじいさん、おばあさんとさまざま。 で、こんな感じに完成。

1536545198386.jpg

お兄ちゃんとおとーちゃんのほうは、体育館。講師は、地元のおじいさんたちのグループ。 写真はありません。目隠し鬼などをやったそうです。ただ、おとーちゃんいわく「軍隊みたいだった」。コーナーごとにやるはじめの会やおわりの会で国家斉唱!とか、じっとできない子にビシッとせんか的な対応をしたりするという場面もあったようで・・・。

このおじいさんたちのグループは今年初めての 参加だったようなので、お互いいろいろととまどいもあったかもしれませんね。

さて、ふれあいの日は午前中で終了。 午後は、これも恒例のPTA 懇親運動。クラス対抗ソフトバレー大会です。一旦帰宅した私も、(PTA 役員という立場もあって)参戦。バレーボールは中学高校を通してもっとも苦手意識のつよい種目なのですが・・・。

1536545201286.jpg

けっこう大勢参加です。先生方もクラスの一員として参加です。

おかげさまで、わがチーム(お兄ちゃんのクラス)は準優勝をかちとりました。

先生方もごくろうさまですね。

2017年5月30日 (火)

運動会

ついこの間(秋)に保育園の運動会があったと思ったら

もう小学校の運動会です。今年は、兄=白組、弟=赤組と兄弟が別れてしまいました。

今年は、お天気も良く、日差しは強めなものの、さわやかな風が吹いていて、熱中症の心配はあまりない運動会でした。

Kc4d0527
Kc4d0528
ついこの間、アニキが1年生で緊張の運動会だったと思ったのに、早いものです。

今年は5年生のおにいちゃんの出番(騎馬戦、組体操など)を、ちょっと尊敬?のまなざしで見ていた1年生でした。家族(観客)として見に来た去年は、途中で飽きていたのに、今年はクラスの友達と「あれ、オレのおにいちゃんなんだよ」などと話しながら、楽しそうに応援していました。

5,6年生合同の組体操。組体操自体は、まあ、なにかと議論の的になっている昨今ですが、世間で問題になっているような危険な大技もなく、無理のない構成になっていたように思います。今年は、組体操史上初(息子の話による)、ホイッスルの合図なしで、音楽を聴きながら自分たちでタイミングをはかるというやりかたがとられました。心や体勢の準備ができるよう、余裕を持った構成だったので、「ビシッと」「ピタッと」したのがお好みのむきには不評かもしれませんが、号令一下、子どもたちが技をキメるといった「全体主義的」なやりかたはいかがなものかと感じる私にとっては、ほほえましく感じられました。またその分、子どもたち自身の力を見て取ることができて、こういうゆるゆるした運動会はぜひ続いてほしいと思った次第です。


2016年10月23日 (日)

今年もおんがくかい

の季節がやってまいりました。

「音楽会」という学校行事でこんなに盛り上がる?のは信州ならではなのでは?と先日、私と同じく県外出身者と話し合っておりましたが、どうでしょう?

さて、今年は私もPTAコーラスに参加。今年は、教職員と合同です。

合唱なんてやるのは、高校の時以来。毎日毎日、合唱祭や有志合唱の練習にどっぷりつかっていたころを思い出します。

といっても、忙しい大人たちが仕事や用事のあいまをぬってやる練習ですから、週1回、夜に1時間だけあわただしく音を合わせるのが精いっぱい。

それでも当日が近づいて来たので、いよいよ会場である体育館での練習となりました。学校の日程も音楽祭に向けての特別日程になっており、舞台はすでに音楽祭モードです。

さてどんな仕上がりになることやら。

Kc4d0413_640x480

2014年10月31日 (金)

おんがくかい

息子の小学校では、この時季恒例の「音楽会」です。ほかの学校でも同じような時期に開催されます。息子の小学校は今年創立80周年ということで、音楽会にも「80周年記念」というコトバが冠されました。

2クラスずつある各学年が、クラスごとに歌や合奏(それにときどきせりふや振付がつく演出もあり)を披露します。

教職員やPTAも演奏を披露。今年は、教職員は「アンパンマンのマーチ」の合奏(扮装つき)、PTAコーラスは合唱に編曲された校歌と、たしか去年あたりNHKの学校合唱コンクールの課題曲だったHOMEという曲を歌いました。

Pap_0123_640x480上の写真はPTAコーラス。小さくてよく見えませんか?

息子たちのクラスは、運動会で踊った「ソーラン節」を合奏(運動会の時に着たはっぴを着用)、「少年少女冒険隊」という歌を斉唱。振付つき。

Pap_0122_640x480こちらの写真も小さくてよく見えませんなあ。

私は下の息子を保育園に送ってから行ったので、途中入場となりました。そのため、最初は出入り口の近くで立ち見。人が出入りすると開いたドアから外気が入ってきてスースーと寒かったです。

会場となった体育館には、こんなものも導入されていました。

Pap_0124_480x640
首振りもできる暖房器具です。こういうものも今はあるんですね。「80周年記念」のステッカーが貼ってありました。たしか、80周年の記念品としてPTAが寄贈したもの。

おなじみ、地元ケーブルテレビも収録に来ていました。

Pap_0121_480x640
この日のもようは、しばらくしてから、日替わりで他校の音楽会と同様に放映されるはずです。

ところで、こういうイベントの日、校庭はさながら大駐車場です。

Pap_0126_640x480
子どもたちは徒歩で通う距離なんだから、徒歩か自転車で来てもいいのにねえ、と徒歩の私は思うのでした。幼いきょうだいとか、おじいちゃんおばあちゃんといっしょに来たり、仕事の都合があったりする必要なケースもあるのでしょうけどね。







2014年9月 3日 (水)

プール参観

9月に入り、保育園と学校の行事は「プール参観」。これ、他の地方でもあるのでしょうか?こちらでは当たり前のように実施されているようです。

要するに、一定の期間を設けて、子どもたちがプールに入る時間に保護者や家族がそれを参観に来てもいいですよ、という企画。とりたててわざわざ見に行く意義をあまり感じないのですが、子どもたちは、そういうワクがあるのなら、身に来てほしいと思うのが人情。

本当は、学校でも保育園でも、8月中に期間が設定されていたのですが、今年は雨降りがちで涼しい日が続き、プールが実施されない日が多かったため、急きょ期間が延長されました。どちらも9月の第1週いっぱいでプールじまい(プール納め)となるので、駆け込みです。

真夏の酷暑はどこへやら、ひきつづき涼しい風の吹く中ではありますが、雨の上がった日に、まず小学校へ。気温が低めなので中止になるかと思いきや、ネットを利用した緊急連絡システム「オクレンジャー」でも中止という知らせはないため、小学校に向かうことにしました。

去年の「プール参観」には行かなかったので、私にとっては初の、小学校プールです。

小プール(1、2年生用)。うちの息子が入っているのはこちらです。

Pap_0014_640x480
大プール(上級生が使用)。この日は5年生が水泳の授業中。

Pap_0013_640x480
参観に来ている保護者の皆さんは、思ったより大勢いました。

しかし、気温も水温も低めで、ブルブル震え、唇をむらさきにして上がる子どもが続出。けがや風邪などで見学の子どもも、予想より大勢いました。

数日前に熱を出したり鼻血を出したりして体調の悪かったわが息子は…と見ると、震えるどころか、喜々として水泳の授業を満喫している様子でした。

さて、別の日には保育園のプール参観。久しぶりに晴天が2日続いたので、こんどこそ実施できるかな?と、朝の登園時に話していました。

時間に行ってみると…

Pap_0011_640x480
おかあさんたちばかりでなく、おじいちゃんおばあちゃんたちも来ていました。期間中、プール中止の日が続いていたので、この日に参観する人が集中したようです。みなさん、仕事を休んだり、一時抜け出したりしてかけつけています。

保育園のこのプールは組み立て式。小さい子クラスだった昨年までは、中庭に設けられたビニールプールや小型の組み立てプールで水遊びの延長程度でした。年少クラスの今年から、こちらのプールでいよいよプールらしい、というか水泳の練習に近い遊びをしています。

Pap_0010_640x480
保護者や祖父母の見守る中、はりきってプール開始!

…のはずだったのですが、やはり風は涼しく、水温も低め。というわけで、プールサイドに並ぶ子続出。うちの息子もその1人。もともと、プールの水が顔にかかるのが苦手なヒトなので余計に寒く感じられたのではないでしょうか。

Pap_0009_640x480
一方で、お水大好き!で皮下脂肪多めの子どもたちは、水の中のひと時に歓声を挙げながら遊んでいました。

プールの季節もこれでおしまい。気付けば、まだ力強さは残っているものの、日差しも風も、秋を感じさせるものになってきています。

それではまた来年。下の写真は、駐車場にとめた車の中からみた保育園。真ん中あたりに青く細長く見えるのがプールです。

Pap_0005_640x480





2014年6月 7日 (土)

うさぎ当番

梅雨入り前の休日の朝、息子たちと学校へ行ってきました。

学校ではうさぎを飼育していて、代々2年生がその担当。2クラスでそれぞれ2匹ずつを世話しています。土日や祝日もお世話をしないといけないので、担当者が割り振られ、その子の親もつきあうことになっています。
それで当番が回ってきたというわけ。この日は午前中予定していた外出の前に済ませてしまおうと少し早めに、車で行くことにしました。お天気もいいし、ほんとうは歩いて行ったら気持ちいいのだけれど。下の息子も「いっしょに行く~」。
校庭そばのスペースに車を停め、息子の先導でウサギ小屋に向かいます。
Ts3a1725
Ts3a1726
そしてウサギ小屋。
Ts3a1728
うさぎ。
Ts3a1727
うさぎ小屋のまわりの中庭。2年生の教室からすぐにここに出られます。もう1つの組の担任の先生が、NHK教育テレビの「やさいの時間」でも紹介されたくらい熱心に畑にとりくんでいて、ここで子どもたちと野菜を作っています。
Ts3a1729
普段、参観日などで学校に行く機会はあっても、教室や体育館などに直行してしまうので、それ以外のスペースをこんなふうに歩いたのは初めてです。
ウサギの世話を手伝いつつ、「飼育委員」としてチャボやうさぎの世話をしていた自分の小学生のころを思い出しました。




 

2014年5月27日 (火)

「無言清掃」と「からべん」

 本屋さんに行くとつい寄ってしまうのが「郷土出版コーナー」。いくつもある長野県内の出版社から出された本や、長野県に関する本(温泉、山、自然、文化、歴史…)が並んでいます。最近、新書版サイズでよく見かけるのが、「県民性」とか「長野県あるある」的な豆知識をまとめた本。たぶん各県版があるのでしょうが、店頭に並んでいるのは長野県ネタばかりです。そんなところにも信州人の郷土に対する関心の高さがうかがえます。この手の本、よそから移り住んだ者にとってはなかなか興味深いものがあります。

 さて、そんな本の1つを手に取って立ち読みしてみました。そこで新たに知ったこと。
 「無言清掃」と「からべん」って、やっぱり長野県独特の学校文化らしいですね。
 いま小学2年生の息子が入学した当時、最初に私がとまどったのが、お箸と「からべん」持参という習慣でした。「からべん」とは「空弁」つまり「空の弁当箱」のことです(ちなみに、「弁当箱」では「ば」にアクセントが置かれます)。入学準備のための学校からのお便りにも、持ち物として当然のように「からべん」とありました。
 給食があるのになぜお弁当箱を持参するのか?周りのお母さんたちはとくに不思議がることもなく、あたりまえのようにしています。入学前の説明会の時、思わず先生を呼び止めて聞いてしまいましたよ。その時の説明では「給食時、おかずは食器があるが、ご飯は持参したお弁当箱に入れる」ということでした。そうか、そのように少ない予算の中で、食器代を節約しているのだなと解釈して今まで来ましたが、立ち読みした「あるある」本によれば、必ずしもそればかりではないようです。つまり、給食で食べきれなかったご飯やおかずを、そのお弁当箱に入れて持ち帰るためなのだそうです。ううむ、知らなかった。
 それから「無言清掃」。学校からのお便りでしばしば見かけるのがこの言葉。お掃除のときに、おしゃべりをせず、黙々と清掃するように指導するということらしいです。掃除をしっかり、とは自分の学校生活で指導されたことはあっても、わざわざ「無言で」と言われたことのない私は、なんとなく不思議に思っていました。けれども学校での懇談会でもそれがごく当たり前の前提として言及されているので、とりたててそれがなんなのか、どういうことなのか、といううっすらとした疑問を言い出せずにいました。「あるある」本の立ち読みで「そうだったのか」と納得。長野県の学校では、いつからか伝統的に「無言清掃」という指導がされているのだけれども、地元では当たり前になりすぎていて、逆にみなさん、その指導が独特なのだということに気づいておらず、他県の人との接触の中で初めて気づくのだとか。私がなんとなく違和感を覚えたのも無理はないようです。

2014年5月26日 (月)

小学校の運動会

 早いもので、去年の運動会からもう1年がたってしまいました。

 入学から間もなくで、ちゃんとできるのだろうかといささかハラハラしながら観たのが去年の運動会でした。でも今年は余裕、余裕。今年は、小学校の創立80周年の年だそうで、それにもちなんで「80周年記念大運動会」と銘打っていました。いつもと内容が違ったかどうかはよくわかりませんが…。
数年前までは秋の開催だった運動会。最近は残暑がいつまでも続き、練習を含め、熱中症が心配されることもあって、春の開催になりました。ほかの行事との兼ね合いで、開催時期は学校によってまちまちで、変わらず秋の開催の学校も市内にはたくさんあります。
 息子のことはまだまだ小さいと思いつつ、今年の新1年生を見ると、もっと小さい!やはり1年生は小さいですねえ。真新しい体育着(運動着)もぶかぶかです。それに比べると、2年生は大きく見えます。
 下の写真は、1年生が並んだところ。
Ts3a1711
 さて、息子たち2年生の出し物は「キッズソーラン」。担任の先生がぜひやりたかった演目だそうで、ものすごく張り切っていました(先生が)。
 息子にとって「ソーラン」は、保育園の年長のときのうんどうかいの出し物。卒園式でも披露したことがあります。今回は動きももっとしっかりと、気合を入れて臨んだようです。
 Ts3a1713
 上の写真は、入場前に控える2年生たち。着ているのは色違いの不織布のはっぴ。背中には、自分の名前の1文字か、その他の漢字が金文字で入っています。自分たちで作成。小柄な息子にはちょっと大きめ。
Ts3a1715
 そして演技。事前にそれぞれの子どもの位置や隊形をプリントでお知らせしてもらっており、それで見当をつけた位置にスタンバイしたものの、始まってみると予想とはかなりずれておりました。そんなわけでこんな遠くから撮影。それでも、なかなか動きがびしっと決まっているのは見えました。
アニキが踊ったり、徒競走をしたりしている間、弟(3歳)は…
Ts3a1721
 校庭の片隅にあるスロープで滑り台をたのしんでいました。
 お天気が良く、日差しは暑いけれど風は涼しい、日陰に入ればひんやりの運動会日和でした。私たちはお昼までの息子の出番を観た後は、近くの神社でお弁当。下の息子のお昼寝の時間が近づいてきたので家に帰ることにしました。
Ts3a1722
 帰り道、「おんぶ~~」となった息子。家に着くまでに私の背中で眠ってしまいました(ぐっすり。そしてずっしり)。
 運動会は、珍しいことに白組と赤組が同点で引き分けだったそうです。
 そして締めくくりにはやっぱり、PTA会長の音頭による「万歳三唱」があったようですね。
 プログラム。
Ts3a1712
 
 

より以前の記事一覧